ブランク 看護師求人

給料アップ交渉は本当に出来るの?

転職の際に給料を重視する方は多いと思います。

 

看護師の場合は、正看か准看かと言うだけで月給は1万円ほど変わりますが、各職場によって給料は大幅に違います。

 

ハードな病院や夜勤が多い職場は給料が高い所が多いのですが、プライベートにも影響が大きいです。

 

公立病院などは給料も恵まれていますし、身分も安定していますが、年功序列や派閥が残っている古い体質の職場が多いのがデメリットです。

 

経験年数や職歴にもよりますが、自分の年齢や経験などから妥当な年収は分かりますか?

 

意外と知らない方が多いのですが、それでは転職の際に損をしてしまいます。

 

転職の際に前職の給料を必ず聞かれます。

 

前職の給料を参考に基本給を決定するという病院が多いからです。

 

公立や国立の様に経験年数で給料が決まっている病院は一律なのですが、個人病院や私立病院の給料は事前交渉次第でかなり変わってきます。

 

公立や国立でも、パートやバイトの期間は経験年数に入れないのですが、事前交渉で経験内容などをアピールする事で基本給に跳ね返ってきます。

 

事前に給料アップ交渉をしないのは勿体ないのです。

 

年収で数万〜数十万の差が出てしまう事もあるのです。

 

看護師求人サービスは個人では難しい給料アップ交渉を代理してくれるので、転職の際には利用する事をお勧めします。